大阪・京都朝発の日帰りスキーツアー・スノボーツアーは、往復バスとリフト券付。

大阪・京都朝発
(日帰りスキー・スノボーツアー)

スキー場を選択

並び替え

アイコンの説明

関西から行く
日帰りスキー 朝発バス

関西から出発する日帰りのスキーバスツアーは、岐阜県や福井県、滋賀県など関西近郊のエリアが行き先になります。大阪からバスが出発するので大阪や京都、兵庫などにお住まいの方におすすめです。現地での滞在時間は約5~7時間。参加したいと思ったらすぐに当社のホームページで空席状況をチェック。バスの空きがあればお申し込み可能です。おひとり様で参加する方もいますので、友達と予定が合わない…という方でも大丈夫。誰かに気兼ねすることなく気軽に行けちゃうのが日帰りスキーツアーのいいところ。スキー・スノーボードに集中できるので、レベルアップへの近道になります。

スキーツアーに初めて行くなら
日帰りバスツアーの魅力

日帰りバスツアーの魅力は、まずその安さにあります。ホテルや旅館での宿泊が付いていない分料金を抑えられるので、スキーツアーに行きたいけど、できるだけ節約もしたいという学生さんなどに特に人気。バスの出発地は関西(大阪・京都)の他に東京や名古屋もあります。

日帰りバスツアー
日帰りバスツアー

また、バスの座席が空いていればすぐに予約することができます。空席状況一覧のページを見れば、バスの座席が空いているスキー場がひとめでわかります。バスツアーの場合、チケット類のお渡し場所は当日の集合場所になるので、近い日程でも空いていれば予約可能。まずはWEBでチェックしてみてください。1名様からでも受け付けているので、スキー、スノボーを滑りに行きたいと思い立ったらすぐ予約!

現地での滞在時間は、関西朝発であれば大体5~7時間ほどです。午前中に現地に到着して、夕方のバスの出発までたっぷり滑れて、ゲレ食を食べたり、温泉に入ったりと自由に楽しめます。帰りは大阪駅周辺にバスが到着。大阪駅からは電車に乗り換えるなどして各自帰路へ。初めてスキーツアーに行く方にとっては、気軽に行ける日帰りバスツアーはとってもおすすめです。

スキー・スノーボード用のウェアや板は現地でレンタルできるので、なくてもOK。ウェアを自分で買うとなると5,000円~20,000円くらいしますが、今はレンタルでもおしゃれなウェアが借りられるので、荷物を少なくしようと思ったらレンタルをするのが一番です。それ以外の荷物は小さめのスーツケースがあれば充分。ウェアの下には、速乾性のあるアンダーウェアや、フリース、タイツを履きましょう。膝や手首を痛めないように、もしサポーターがあれば持参することをおすすめします。帽子やグローブ、ゴーグルも借りることができますが、帽子くらいはそれほど高いものではないので、事前に買っておいてもいいかもしれません。

日帰りバスツアー
日帰りバスツアー

日帰りバスツアーは、グループでもおひとり様でも両方楽しめます。気軽に行けるので、おひとりでシーズン中に何度もリピートして参加するお客様もいるほど。未成年の方は保護者の方の同意書を提出すれば、例えば高校生だけでの参加も可能です。ただし、15歳未満の方だけでの参加はできません。その場合は、保護者の方の同行が必要になるので注意してくださいね。冬休みを利用して、ゲレンデデビューしてみてはいかがですか?

いよいよゲレンデデビュー
スキー場での注意点は?
準備運動
準備運動をしてから

まず、滑る前にしっかりと準備運動をしましょう。スキーやスノーボードは、やってみると全身を使うハードなスポーツであることが分かります。普段動かさない筋肉を使うので、終わった後にひどい筋肉痛に襲われることもあります。ラジオ体操でも十分なので、最初に体を温めてからスキーやスノーボードを開始しましょう。

ゲレンデ
ゲレンデで座る時は端っこで

ゲレンデの真ん中で座り込んでしまうと、後ろから滑ってきた人の邪魔になったり、衝突したりする危険があります。初心者の方は滑ってもすぐに転んでしまうとか思いますが、もし真ん中辺りで転んでしまったら、周りに注意して横に移動するようにしましょう。

リフト
リフトから降りたら
立ち止まらない

リフトから降りたら素早くその場を空けるようにしてください。もしも転んでしまっても、落ち着いて後ろから来た人の邪魔にならないように移動しましょう。初心者の人は、上級者の人と一緒に乗るようにすれば安心です。

何を基準に選ぶ?
ツアーを申し込む時のスキー場の選び方
ゲレンデ

スキーツアーに申込むとき、何を重視するかは人によって様々です。日帰りで行くか宿泊付で行くかは、最初に決めている人が多いかと思います。では、特に行きたいスキー場が決まっていない場合は、一体どうやってスキー場を決めればいいでしょうか。

まずは、自分の住んでいる地域からはどんなスキーツアーがあるのかを調べます。東京や大阪、名古屋であればバスツアーもあれば、新幹線を使うJRスキーツアーもあります。予算を考えて先に交通手段を決めてしまえば、ある程度行き先が絞られます。
行き先が絞られたら、次は何を重視するかを考えます。初心者向けのコースの割合が多いスキー場にするとか、温泉があるスキー場、アクセスしやすいスキー場など、各スキー場の特徴から好きなスキー場を選びましょう。

宿泊付のプランにした場合は、どこのホテル・旅館に泊まるのかを選びます。食事の内容やアクセス、温泉があるかなどをチェックしてみてください。日程が近くなってくると満室になってしまうので、決まったら早めに予約しましょう。