赤倉温泉スキー場の動画&レポート/スキーツアー&スノボーツアーのビーウェーブ

赤倉温泉スキー場
(動画&レポート)

赤倉温泉スキー場

県境のスキー場

長野県と新潟県の県境に位置する赤倉温泉スキー場をご紹介します。「くまどーゲレンデ」・「ヨーデルゲレンデ」・「銀嶺ゲレンデ」の3つのエリアで構成された、100%天然雪のスキー場です。

赤倉温泉スキー場

ヨーデルゲレンデ

コースの多くが初級~中級にあたる赤倉温泉スキー場は、ゲレンデデビューにオススメです。
まずは一番広く、横幅もワイドな「ヨーデルゲレンデ」。初級者から中級者向けのゲレンデです。このゲレンデを縦断するヨーデル第1トリプルリフトは、板持乗車が可能。初心者の方も安心ですね

赤倉温泉スキー場

林間を滑走

初級者の練習にオススメのエレガントコースは、林間の緩傾斜を滑走してバスターミナル前へ出ることができます。お帰りのコースにも最適です。上級者の方には、山頂付近の費モーグルチャレンジコースがオススメです。非圧雪なので、天然のコブ斜面を楽しむことができます。

赤倉温泉スキー場

ファミリーにもオススメ

ヨーデル第1トリプルリフトの乗車口近くにはキッズスノーパークが開設されています。キッズスノーパークはもう一つ、ヨーデルロッヂ近くにも。すべり台など様々な遊具があり、ソリの貸し出しも行っています。また、ヨーデルロッヂ内にはキッズルームも完備さています。

赤倉温泉スキー場

くまどーゲレンデ

続いて「くまどーゲレンデ」は、くまどー第3クワッドリフトが入口です。ここから奥にコースが続きます。写真のパノラマコースは、比較的やさしい斜面と広く長い作りの中級者向けコースです。その他、初級者~上級者までが楽しめるラビットコースもありますよ。「くまどーゲレンデ」から「銀嶺ゲレンデ」の方向へ伸びるこのコースは、「くまどー第3ペアリフト沿いに設置されています。様々なレベルの人が滑るため、周囲に気を付けて楽しみましょう。

赤倉温泉スキー場

夜も楽しい

くまどーゲレンデでは、妙高エリア唯一のナイターが毎日開催されています。滑走可能なコースはパノラマコースのみですが、昼間とは一味違う雰囲気を楽しんでみては、いかがでしょうか。

赤倉温泉スキー場

銀嶺ゲレンデ

最後に「銀嶺ゲレンデ」。ここへは上記のラビットコースを滑りながら入ることが可能です。くまどー第3ペアリフト乗車口付近で右折し、そのまま滑り降りると銀嶺第1ペアリフトの乗車口近くへ到達します。この辺りは銀嶺第1コースの終点にもなっているので、合流に気を付けてくださいね。
緩やかな傾斜コースが多いので、初心者やスキーを楽しみたいお子様連れの方にオススメのゲレンデです。

赤倉温泉スキー場

スノーパークで腕試し

3つのセクションに分けられた「くまどーパーク」は、名前の通りくまどーゲレンデのパノラマコース沿いにあります。セクション1・2は夜も楽しむことができますよ。

赤倉温泉スキー場

セクションごとに楽しめる

設備はそれぞれ、セクション1に5m・10mのキッカー。セクション2に5m・7mのキッカーやフラットダウン。セクション3にキッカーの他、4mワイドBOXやドラム缶があります。腕に自信のある方はぜひチャレンジしてみてください。

赤倉温泉スキー場

選べるインフォメーションセンター

赤倉温泉スキー場には、2つのインフォメーションセンターがあり、遊び方に合わせて選ぶことができます。ヨーデルゲレンデを利用する際は「ヨーデルインフォメーションセンター」、くまどー・銀嶺ゲレンデを利用する際は「くまどーインフォメーションセンター」が便利です。どちらにもチケット売り場があり、ロッカー・更衣室・休憩所完備。ヨーデルインフォメーションセンターには、キッズルームもありますよ。

赤倉温泉スキー場

施設も豊富で魅力的

さらに、場内には個性豊かな6つレストランがあり、レストラン「モンタニュ」はナイター時、無料休憩所として開放されます。カレー好きの方には「カレーハウス くまどーヒュッテ」がオススメ。ベジタブル・牛スキ・オリジナルなど、色々なカレーと辛さを楽しむことができますよ。
赤倉温泉スキー場は、14本のリフトと17種類のコース・2つのインフォメーションセンターなど、多彩な作りで初級者からボードパーク利用者まで、幅広い方にオススメのスキー場です。