スキーツアー&スノボツアーのビーウェーブ(ハンターマウンテン塩原の動画&レポート)

ハンターマウンテン塩原
(動画&レポート)

ハンターマウンテン塩原

栃木県にあるハンターマウンテン塩原を、ビーウェーブの晴れ男、南がレポートします。首都圏エリアであるにもかかわらず、3kmのロングクルーズが楽しめる人気のスキー場です。

ハンターマウンテン塩原のエントランスモール

スキー場についたら、まずはとんがり屋根が目印の「エントランスモール」へ!それでは、中に入ってみましょう~。

ハンターマウンテン塩原のインフォメーション窓口

リフト券売り場やインフォメーション、スノーボードスクール受付があります。スキーツアーご利用の方は、インフォメーションにまず行きましょう。

ハンターマウンテン塩原のチューンナップショップ

なんと!チューンナップショップもあります。滑りにこだわる方は利用する価値あり!

ハンターマウンテン塩原アネックスの外観

スキースクールは、「エントランスモール」の左側の建物「アネックス」1階に受付があります。2階には、無料休憩室(男女別)と更衣室(ロッカー)があります。疲れたら無理しないで、コチラの暖かい休憩室で休むこともできますね♪

ハンターマウンテン塩原のレンタルショップ

レンタルショップ

「エントランスモール」をまっすぐ突き抜けると、左側建物の「グランドセントラルステーション」にレンタルショップがあります。レンタル希望の方は、コチラで申込用紙を記入後、身分証明書と一緒に受付に提出しましょう。小物(グローブ・帽子・ゴーグル)・やウェアもレンタルできますよ。

ハンターマウンテン塩原のゴンドラリフト乗り場

さぁ!いよいよお楽しみの滑走タイムで~す。一気に山頂に行きたい方は、ゴンドラリフトを利用しましょう。「グランドセントラルステーション」の2階がゴンドラリフト乗り場になります。

ハンターマウンテン塩原のピンクのゴンドラ

ピンクのゴンドラ

一台だけピンクのラブラブゴンドラを発見!一人でも乗ろうとしましたが、間に合わず…。

ハンターマウンテン塩原のブロードウェイゲレンデ

リピーター続出中と噂の本格ピザが食べられる「ウォーヴォ・メタメタ」を横目に見ながら、ハンターマウンテン塩原の看板ゲレンデ、「ブロードウェイ」を滑りま~す♪
上から見て左側がパークになります。整備の行き届いたパイプや多数のアイテムが設置されており、パイプからキッカー、レールまでがスロープスタイル形式で楽しめそうです。パーク沿いの第一クワッドリフトで滑走数をこなせますね♪

全コース滑りましたが、何と言っても最大滑走距離3,000mで滑りごたえがあります!中腹より下は初級コースがほとんどなので、長く緩やかな斜面はビギナーにも向いていると思います。

ハンターマウンテン塩原のハンタマの滑り台

キッズパークのご紹介

さぁ!今度はファミリーに人気のキッズパーク(有料)のご紹介です。わんぱくエリアにはたくさんの遊具がいっぱい!PRキャラクター「ハンタマ」も出迎えてくれます(笑)

ハンターマウンテン塩原のそり・チュービングエリアへ続く階段

さらに奥に行くと…そり・チュービングエリアへ続く階段を上って…

ハンターマウンテン塩原のソリ専用ゲレンデ

ソリ専用ゲレンデ

全長40mのスノーエスカレーターをのぼると、ソリ専用ゲレンデが! ソリの数もたくさんあるので、みんなでレースができちゃう!くねくねしたコースをチュービングで滑り下りるのはスリル満点♪

ハンターマウンテン塩原のファミリーハウス

キッズパークに隣接している屋内で遊べるワンパクルームやファミリーハウスは、おじいちゃん・おばあちゃんもお孫さんと楽しく過ごす事が出来そうですね。

ハンターマウンテン塩原のレストラン「ビッグアップル」

レストラン「ビッグアップル」

美味しそうな匂いに誘われ、スキー場で一番大きなレストラン「ビッグアップル」へ行ってみました。メニューも豊富なので、ゲレ食に期待できそうですね。キッズメニューもありましたよー。
そしてなんと!センターハウスの隣にはモスバーガーがあるんです。普段慣れ親しんでいるハンバーガーをスキー場で食べるのも良いかも(笑)

ハンターマウンテン塩原のコンプレッサー

板・ブーツ等に付着している雪や氷を落としてくれる器具があると何かうれしくなります。

ハンターマウンテン塩原のパウダーハウス前駐車場

スキーツアーご利用の方は、「パウダーハウス」前の駐車場がバス発着場所になります。

首都圏では最も規模が大きく、東京からも近いハンターマウンテン塩原は、初級者から上級者、ファミリーまで楽しめるオールランドスキー場でした。