スキーツアー&スノボツアーのビーウェーブ(おんたけ2240の動画&レポート)

おんたけ2240
(動画&レポート)

おんたけ2240

日帰りバスツアーに参加

関西夜発おんたけ2240行き日帰りバスツアーをビーウェーブの和田がレポートします。今回は、難波OCATから乗車します。受付カウンターで受付をします。

おんたけ2240

受付後、バスの案内がありますので、バスに乗っていざ出発です。メインの集合場所が新大阪駅となりますので、新大阪駅まで向かいます。

おんたけ2240

新大阪駅に到着

受付場所がありますので、そこで再度受付を行います。係の人が、代表者の名前で確認してくれます。

おんたけ2240

スキー場に向けていざ、出発!

リフト券などチケット類の受け取りを完了!間違いが無い確認しておきましょう。では、バスに乗り込んでいざおんたけ2240へ。

おんたけ2240

現地スキー場に到着、寒い~

翌朝早朝に到着。外は極寒の寒さです。降りてすぐチケット売り場の案内標識がありますので、とても分かりやすいです。バスを降りてからチケット売り場までは2~3分の距離ですので、移動もスムーズ。

おんたけ2240

リフト券売り場

リフト券売り場に到着です。ゴンドラ乗り場の1階部分がリフト券売り場になっています。ここでチケットをみせてリフト券の引き換えを行いましょう。

おんたけ2240

リフト券を引き換え

時間帯が早いためスムーズにリフト券を引き換えることができました。

おんたけ2240

センターハウス

こちらは、センターハウスになるプラザオリオンです。1階には、レンタルショップ、ロッカールームがあり、2階がレストランになっています。早速中に入ってみましょう。

おんたけ2240

こちらは、男性更衣室です

更衣室は、このプラザオリオン以外に展望浴場ざぶんという施設にもありますので、どちらかをお使いください。時間帯によっては、混み合う場所にもなりますので、少し早めに行って着替えを済ませることをオススメします。

おんたけ2240

入ってすぐのところに売店があります。パンや飲料、スキー用品を販売しています。うっかりゴーグルを忘れてしまったので、こちらで購入しました。

おんたけ2240

レンタルショップ

1階にあるレンタルショップです。まず、必要な道具とサイズを申込用紙に記入します。その用紙を店員さんに渡すと用紙を見ながら用意してくれますよ。

おんたけ2240

ブーツのサイズは滑る前でしたらサイズ交換はしていただけるそうなので、入念に履き心地などは確認しておきましょう。これで、すべての道具が揃いました。早速ゲレンデに行っちゃいましょう。

おんたけ2240

ゴンドラで頂上へ

標高2,240mから全長1,900mのコースで滑る三笠ウイングコース~パラダイスコースはFIS公認の新設スキー場です。FISとは、国際スキー連盟のことで世界レベルのゲレンデを体感することができます。

おんたけ2240

ビギナーには、絶景のパノラマコースがおすすめです

ゆるやかな林の中に作られたコースで、絶景を楽しみながら7kmに渡るコースを楽しむことができます。
晴天率70%と天気に恵まれ、初級者から上級者まで幅広いレベルの方が利用できるスキー場です。おんたけ2240の絶景をお楽しみください。

おんたけ2240

初心者ゲレンデで特訓中です!

この日はアイスバーンで固かったので結構慎重に滑っていました。パウダーならこけてもへっちゃらですが下が固いときは本当に気を付けて下さいね!

おんたけ2240 おんたけ2240 おんたけ2240

ゲレ食を味わおう

お腹が空いたのでゲレ食を食べにレストランへ。アツアツのラーメンを食べました♪午後からの滑走のためしばし休憩です。やっぱりゲレンデで食べるご飯は幸せを感じます!ラーメンの他にもソースカツ丼や信州サーモン丼などの丼物からハンバーグ定食、ステーキ定食などメニューも豊富でした。

おんたけ2240

午後もスノボを満喫

昼からもいい天気でした!リフトから見るこの景色がたまらなくいい!この日ツアーに参加されたお客様も大満足の一日だったようで、バスの係員の方のあいさつが終わるとバスの中は拍手喝采!こんなツアーは初めてでした。

おんたけ2240 おんたけ2240

いかがでしたでしょうか?日帰りバスツアーで行くおんたけ2240。1日でも充分楽しんでいただけるちょうど良い広さで、最高のゲレンデですよ!かなりおすすめですのでぜひご検討ください。