ロープウェイ山頂にはおしゃれカフェ、竜王スキーパークが人気の理由

ロープウェイ山頂にはおしゃれカフェ、竜王スキーパークが人気の理由

竜王スキーパーク

北志賀高原最大規模のスキー場「竜王スキーパーク」は、1,930mと標高が高いため上質なパウダースノーが楽しめると評判です。縦にも横にも広いゲレンデで、冬の空気が澄んだ時期に山頂から見られるのは、雪に覆われた街、遠くにそびえる北アルプスと素晴らしい景色です。ゲレンデ自体も様々な滑り方が楽しめ、スキーヤーやスノーボーダーに人気です。

バレーエリア

スカイランドエリアとバレーエリア

山頂部分は、スカイランドエリアとバレーエリアに分かれています。山頂と効くと急傾斜なのではないかと思ってしまいがちですが、竜王スキーパークは緩やかな斜面が続いています。しかも、スカイランドエリアは木々に囲まれた林間コースを滑ることができるので、爽快感抜群です。

バレーエリアは広大なゲレンデがあります。緩やかなワイドバーンのコースがいくつもあるので、初心者でも安心して滑ることができます。バレーエリアには他にも本格パークがあります。さまざまなアイテムが置いてあるだけでなく、スキー場スタッフがいて無料でアドバイスもしてくれます。そんなバレーエリアに隣接しているホテルは10ヶ所以上もあります。思いっきりスキーやスノーボードを楽しみたい!という方は、ホテルに宿泊すれば、朝から楽しむことができます。

SORA terrace

スキー場におしゃれなカフェ

そんな竜王パークのロープウェイ山頂にはとてもおしゃれなカフェがあります。世界最大級166人乗りの竜王ロープウェイに乗って標高1,770mへ行くと、雲海&絶景のSORA terraceがあります。絶景を楽しむことができるのはもちろんのこと、店内はとてもおしゃれでラグジュアリーな空間が広がっています。スキー場らしからぬラグジュアリーな雰囲気で、ゆったりまったり過ごすことができるでしょう。こあがりになったソファー席からは雲海を見下ろすことができるので、少し贅沢な気分でくつろげます。

雲海マシュマロ

SORA terrace オリジナルブレンドの珈琲は、奥行きのある苦味と濃厚なコクのバランスがよく、芳醇な珈琲の香りが口の中で広がります。そこに名物「雲海マシュマロ」を浮かべればまた一味違います。珈琲の熱で徐々にマシュマロが溶けて、マイルドな味わいになるので試してみて下さい。このカフェでは飲み物だけでなく食事をすることもできます。地元の食材にこだわったSORA terrace cafe ならではのメニューが魅力で、店内同様、やっぱりオシャレです。雲海パイ包みスープやオムライス、信州ポークのハニーBBQスペアリブなど、他のスキー場では食べることのできないおしゃれで美味しいメニューが揃っています。

三ヶ月の湯

朝から思いっきり滑って、おしゃれなSORA terraceで贅沢なランチをいただけるのは竜王スキーパークの大きな魅力です。そして竜王スキーパークにはもう一つの魅力があります。ゲレンデの麓にあるのが天然温泉「三ヶ月(みかづき)の湯」です。地下1200mから湧きだす温泉は、筋肉痛や打ち身に効果があります。スキーやスノーボードで疲れた身体を癒すのにピッタリです。また、竜王スキーパークの側には「信州 湯田中温泉」があります。田中、新湯田中、星川、穂波、安代と5つの地があり、それぞれにたくさんの源泉があるので、色々な温泉が楽しめます。

キッズゲレンデ

小さなお子さんも安心の「キッズゲレンデ」

竜王スキーパークにはチビッコたちが楽しめる「キッズゲレンデ」もあります。チビドラパークには小さなお子さまが楽しめる遊具や、スキーの練習できるスペースなどがあります。連結可能なソリやスリル満点のアトラクション、キッズスクールなども用意されているので、家族みんなで楽しむことができます。また、託児所も併設されているので、パパ・ママも思う存分滑ることができます。ちなみに、竜王スキーパークはスキーヤー、スノーボーダーだけでなく、スキー場を利用しない一般の方にも人気のパークです。ゴンドラに普段着で乗っている方は、頂上の素晴らしい景色を楽しむ方々です。他のスキー場では一般の方と一緒にゴンドラに乗ることは少ないので、不思議な体験になるのではないでしょうか。