Mt.KOSHAのX-JAM高井富士とよませ温泉スキー場を比較してみた

Mt.KOSHAのX-JAM高井富士とよませ温泉スキー場を比較してみた

よませ温泉スキー場

Mt.KOSHAのX-JAM高井富士よませ温泉スキー場は、2つのスキー場が合体した広大なスキー場です。北信州のビッグゲレンデ「Mt.KOSHA よませ温泉スキー場 & X-JAM高井富士」として親しまれています。

X-JAM高井富士

X-JAM高井富士

「X-JAM高井富士」は長野県にある日本最大級のパークです。全部で15コースあり、最長滑走は2,000mと存分に滑走することが可能です。初心者から上級者まで存分に楽しめるコースが揃っていますし、初級者から中級者用にキッカー・レギュラーハーフパイプ・ビッグハーフパイプなどのアイテムが多数設置されています。スノーボーダーにおすすめのパーク施設が充実しているのが「X-JAM高井富士」の大きな特徴ともいえます。日本最大級のパークが設備されているため、今や日本ではスノーボーダーにとって聖地となっています。ここには47アイテムがそろっており、特にフリースタイルのスノーボーダーにとってはとてもうれしく素晴らしいゲレンデです。

よませ温泉スキー場

よませ温泉スキー場

一方「よませ温泉スキー場」は、X-JAM高井富士と比べるとスキーヤー向きのスキー場となっています。何と言ってもこのスキー場の頂上からの眺めは「素晴らしい」のひと言です。眼下には長野県山ノ内町の街並みが広がり、向こう側の山の斜面には「北志賀小丸山スキー場」や「竜王スキーパーク」、さらにその先には志賀高原まで望めます。晴れた日には気分爽快で滑走することができます。こうした素晴らしい眺めを楽しむのも、ウィンタースポーツの醍醐味の一つです。よませ温泉スキー場のコースは全部で13本あります。下部はワイドな緩斜面が広がるコースで、上部に行くと最大斜度33度の急斜面になっているので、初心者から上級者まで楽しめます。連続最長滑走距離も2,000mですから、満足のロング滑走ができるでしょう。

連絡コース

2つのスキー場を楽しむ

X-JAM高井富士とよませ温泉スキー場は約560mの連絡コースで結ばれているので、相互に行き来することが可能です。地域のシンボル的存在であるこの2つのスキー場は、その高社山の中腹にもともとは個別に開かれていたゲレンデでしたが、統合されたことにより、一つのビッグスキー場となりました。X-JAM高井富士はスノーボーダー、よませ温泉スキー場はスキーヤーが多く、レベルに合わせてそれぞれのスキー場を行き来することができます。どちらのスキー場も楽しめるのでまさに一石二鳥です。

X-JAM高井富士

2つのスキー場を連結している連絡コースは、「おったまげ」と名前がついており林の中を滑ることのできるものです。よませ温泉スキー場からX-JAM高井富士に向かうルートはちょっとしたロング滑走が楽しめます。よませ温泉スキー場は、実はオリンピックで活躍する選手を輩出したスキー場です。スキーワールドカップやオリンピックで活躍した海和俊宏プロ、そしてオリンピック出場のアルペンレーサー平沢岳選手など素晴らしい選手を輩出しています。そのため、プロ並のスキーヤーが集結するスキー場としても知られています。

X-JAM高井富士

よませ温泉スキー場とX-JAM高井富士の2つのゲレンデは、共通券で行ったり来たりすることができます。スキー場周辺にはリーズナブルなホテルから豪華なリゾートホテル迄たくさんの宿泊施設があります。このビッグスキー場を存分に楽しむには、やはり宿泊するのがおすすめです。安くて施設内容も充実しているスキーリゾートホテルから、老舗の温泉宿まであるので、好みに合わせて宿泊先を選ぶことができます。宿泊が難しい方におすすめなのが日帰り温泉です。近くにとても有名な温泉郷があるので、帰る前に疲れた身体を温泉でゆっくり癒すことができます。特におすすめなのが湯田中温泉の日帰り施設です。温泉はなんといってもアフタースキーの醍醐味です。

このように、首都圏からは少し離れていますが、「X-JAM高井富士&よませ温泉スキー場」はとても魅力的なスキー場です。朝発日帰りの短時間滞在でもたっぷり滑りが満喫できるスキー場ですから、家族や仲間と行ってみてはいかがでしょうか。