西日本最大級のスケール、高鷲スノーパーク!ハーフパイプ常設の巨大パークに注目

西日本最大級のスケール、高鷲スノーパーク!ハーフパイプ常設の巨大パークに注目

高鷲スノーパーク

岐阜県郡上市高鷲町の大日ヶ岳東山腹にある「高鷲スノーパーク」は、西日本最大級のスケールで有名なスキー場です。ゲレンデ・設備がとにかく充実していて、12の多彩なコースやスーパーパイプ、キッズパークなどがあります。ただ単に広いだけでなく、初心者から上級者まで楽しめるコースが用意されていて、良質なパウダースノーが楽しめるとなれば人気でないはずがありません。ファミリーにも人気の理由は、充実のキッズパークがあるから。キッズパークではふわふわ滑り台やチュービングコースなどで楽しみがいっぱいです。また近年新しく登場した「スノーモービルランド」は憧れのスノーモービルを自分で運転できるとあって大人気。キッズにもやさしい高鷲スノーパークだから、センターハウス内に無料のキッズスペースまで用意されているんです。ファミリーに人気なのが納得できます。

高鷲スノーパーク

初心者からエキスパートまで皆んな大満足の変化に富んだ12コースが魅力の高鷲スノーパークは、ゲレンデ山頂までは全長2,700mの15人乗りゴンドラで一気に移動することが可能。山頂から滑れば、約4,900mという超ロングランを楽しむことができます。

高鷲スノーパーク

隣接するスキー場と山頂で繋がっている!?

高鷲スノーパークは、隣接しているスキー場「ダイナランド」と山頂で繋がっています。2つのスキー場を合わせると、全32コース、総滑走距離43km、総面積は名古屋ドーム約38個分の大きさに相当します。まさにビッグスケールです。

高鷲スノーパーク

巨大パークにハーフパイプが常設

有名オリンピックメダリストも通う、巨大パークが自慢の高鷲スノーパーク。そこにはスーパー級のハーフパイプが常設されており、誰でもいつでもハーフパイプを楽しむことが可能です。ハイレベルなスーパーパイプに入るのには結構勇気が必要ですが、ハーフパイプの楽しさ、魅力を感じたいならぜひ体験するべきです。スーパーパイプに入るのはちょっとという方でも大丈夫。このスキー場にはレギュラーパイプ、スーパーパイプの2本があるので、まずはレギュラーパイプから入ってみましょう。巨大パークには、他にもウェーブやミニキッカーレールボックス、4連キッカーなど地形を使った多彩なアイテムが勢ぞろい。

高鷲スノーパーク

充実のレンタルアイテムで手ぶらでスキーが楽しめる

高鷲スノーパークでは、子供から大人までウェアやスキー・スノーボードセットを手軽にレンタルすることができます。スマホやPCから事前に申込ができる「楽々レンタル」を活用すれば、お申込の長い列に並ばなくても良いのでとっても便利。スキーやスノーボードはとにかく荷物が多くて大変です。特に子連れスキーの場合、一般の方よりも荷物が多くなりますよね。しかし、こういったレンタルスキーを利用すれば、手ぶらでスキーが楽しめるので本当に便利です。

高鷲スノーパーク

ボリューム満点のゲレ食

高鷲スノーパークのセンターハウス2階のレストランは、メニューの種類が豊富で、どのメニューもボリューム満点!センターハウス2階には3つのお店が入っていて、メインは2階中央にある『モンテローザ』です。そこでは、カレーやラーメンといった定番メニューの他、ハンバーグやパスタ、丼もの、お子様プレートなどボリューム満点で美味しい料理が堪能できます。他にも、うどん・そば専門店や、から揚げ丼や牛丼、ホットドックが楽しめるカフェもあります。カフェではビールの他、カクテルも飲むことができるので、若者に大人気です。