スノボー・スキーツアーの用語集、スキー・スノーボードのテクニック、カービングターンをご案内します。

スノボ・スキーツアーの用語集

カービングターン
(スキー・スノーボードのテクニック)

カービングターン(白馬五竜&Hakuba47)

スキー・スノーボードのテクニックのひとつで、板のエッジ部分で雪面を彫るように滑るターンです。「ザーッ」という派手な音とともに雪が舞い上がるスキッディングターンとは対照的に、エッジ部分に沿ってスーっとなめらかに滑るのが特徴です。
板をドリフトさせずに滑るため、滑ったあとには細いラインが雪面に残ります。

カービングターンを練習するときには、この細いラインを綺麗に残すことを意識すると上達への近道になると言われています。ニュートラルポジションから少しだけ上体を進行方向に捻り、両手でバランスをとりながらゆっくりと体重移動を行います。
エッジを立てる際にはある程度の脚の筋肉が必要となるので、慣れない初心者の人はマスターするまで時間がかかることがあります。