スキー&スノーボード情報 スノコミ

スキーバスに乗って関西から長野県のスキー場までどれくらいかかるの?

夜発スキーバス

関西からスキー場に行くときは、スキーバスが便利です。
ゲレンデに直行してくれるのでバスを降りた後の移動がなく、同乗するのもスキーやスノボを目的とする人たちばかりなので気兼ねすることがありません。

今回は、関西発のスキーバスやルート・所要時間について解説します。
運航会社により詳細なルートや時間が異なる場合がありますが、ここでは代表的な例を紹介するので参考にしてみましょう。

OCAT

集合場所はなんば・新大阪など

いずれの場合も、バスの集合場所はなんばや新大阪であることが多いです。
特にニーズの高い夜発バスの場合、21時から22時頃の出発になるのであらかじめ運行情報をチェックしておきましょう。

栂池

白馬・栂池ルート

夜発バスを使って白馬・栂池ルートに行く場合、各スキー場に到着するのは6~7時頃です。下記はそのバスツアールートの一例です。

6:00 五竜エスカルプラザロビー到着
6:10 白馬サンバレーホテル到着
6:15 マウンドサイドヨーデル前到着
6:30 白馬ハイランドホテルロビー前到着
6:45 白馬八方バスターミナル到着
7:00 和田野ビジターセンター到着
7:05 新田バスセンター到着
7:10 ゴンドラ山麓駅前ロータリー到着
7:20 ホテルサニーバレー前到着
7:30 親の原駐車場到着
7:40 白馬アルプスホテルロビー到着
7:45 里見バスセンター到着
8:00 ホテルグリーンプラザ白馬ロビー到着

上記のように、ホテルや駅を経由しながらスキー場を回ります。
宿泊用の荷物があればあらかじめ預けたり、チェックインだけ先に済ませたりすることもできるので相談してみましょう。

斑尾

野沢・戸狩・斑尾ルート

夜発バスを使って野沢・戸狩・斑尾ルートに行く場合、各スキー場に到着するのは8時頃になります。
例えば斑尾高原スキー場に行く場合、下記の例ように複数のスポットを経由しながらバスが巡行します。

8:10 斑尾観光ホテル前到着
8:15 第5駐車場到着
8:20 ホテルエルディア前到着
8:25 斑尾高原ホテル前到着
8:30 ホテルシルクイン斑尾前到着

ただし、なんばから乗る場合は新大阪で一度バスの乗り換えが必要になるケースもあります。
直行便もあるので、コストや便数との兼ね合いを見ながら選択しましょう。

車内

スキーバスに乗るときの注意事項

スキーバスを利用する場合でも、注意事項は一般的な長距離バスに乗るときと変わりません。
特に下記のことに気を付けて乗車すれば、大きなトラブルになることはないでしょう。

・スマートフォンやゲームの音はオフにする(可能ならサイレントモードにしておく)
・消灯時間以降は光の出るデバイスを使わない
・飲み物や食べ物の臭いおよび音には十分に配慮する
・リクライニング前にはひと声かけ、最小限に留める
・翌朝から元気に動けるよう睡眠グッズを持参する
・車内は乾燥しやすいので水分やマスクを持参する
・寒いエリアに出向くため防寒対策を入念にしておく

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、消灯後のマスク着用が必須になっているバスも多くなっています。
また、グループ同士での会話を控えるようアナウンスされたり、社内での食事が禁止されていたりすることもあるでしょう。
乗車前に夕飯を取っておくなど対策し、十分な休養をとれるよう工夫するのがおすすめです。
スキー場からバスを使って帰宅する場合は、夕方発の便を使うのが一般的なのであらかじめ予約を抑えておいてもよいでしょう。

まとめ

運転や乗り換えの手間なくスキー場に行きたいのであれば、スキーバスがおすすめです。
朝発のメリットは、睡眠時間の過ごし方を気にせず比較的ゆったり移動できる点にあります。
一方で夜発のメリットは時間を有効に使えること、朝イチのゲレンデを楽しめることなどです。
自分にとって最もメリットの多い方を選択し、快適なスキー休暇を楽しみましょう。

この記事を書いた人

坂越 知也

所属
ビーウェーブ大阪本社
スキー・スノボ歴
スノーボードが約20年、5年ほど空白の期間あり。
おすすめスキー場
志賀高原スキー場

撮影など仕事とプライベートで、全国のスキー場の内約1/4程には行ったことになります。企画もご案内も、この経験を最大限生かします。

ページトップへ
検索