ゲレンデ直通のスキーバスは、東京・名古屋・関西の各地から人気スキー場へ朝発バスや夜発の夜行バスで毎日運行!

スノボー&スキーツアー

スノボー&スキーツアー > スキーバス

スキーバス
(ゲレンデ直通バス)

スキーバスってなあに?

スキーバスとは東京、名古屋、大阪、京都、広島、岡山、松山、高松、徳島、高知などの各地から全国のスキー場を結ぶ、冬季限定のバスのことをいいます。スノボー&スキーツアーにとってなくてはならない重要な交通手段です。スキーバスには朝発バスと夜発バスがあり、朝出発して昼に到着するバスと夜出発して夜行便(車中泊)で次の日に到着するバスが選べます。スノボ旅行の予定に合わせてちょうどいいものをチョイスください。
スキーバスの乗車場所(集合場所)は非常に多く、関東地方では東京、神奈川、千葉、埼玉の各地から、関西では大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良、和歌山の各地からスキー場へ直通で向かいます。また、スキーバスで利用できるスキー場は白馬五竜・八方尾根・栂池高原をはじめとする白馬エリアを筆頭に、志賀・北志賀・斑尾・戸狩・野沢などスノーボーダーやスキーヤーに人気エリアがずらりと並びます。
ビーウェーブのスキーバスは往復のバスに特典が付いたお得なプランです。特典はリフト券やレンタル券などプランによって異なります。ホテル宿泊がついていない、バスのみのプランなのでお友達のおうちに泊まったり、観光したりさまざまな予定を組むことができます。また、帰りのバスは希望に合わせて乗車日を延長できるのも便利ですよね。
出発当日は各集合場所でスキーバスにスノーボードやスキー板を積み込み、スキー場へ向けて出発。夜行バスなら眠っている間に到着です。スキーやスノーボード旅行をお考えならスキー場直行のスキーバスがおすすめです。