JRスキーツアー往復新幹線とホテル付き

スノボー&スキーツアー

スノボー&スキーツアー > JRスキーツアー(新幹線・特急)

JRスキーツアー
(新幹線・特急利用)

東京・上野・大宮発着
宿泊付・JRプラン
日帰り・JRプラン
名古屋発着
宿泊付・JRプラン
  • 東京発
  • 名古屋発
  • 関西発

新幹線利用のJRスキーツアーで
快適なスキー&スノボー旅行へ

JRスキーツアーとは?

ビーウェーブのJRスキーツアーは、往復の新幹線とホテル宿泊、そしてリフト券がセットになったプランです。自分で新幹線やホテルを手配するよりも、ずっとお得な価格でスキーに行くことができます。スキーツアーといえばバスを利用するプランが主流と思われがちですが、小さなお子様から年配の方まで幅広く人気があるのが新幹線で行くスキー・スノボツアーの特徴です。

JRスキーツアーの人気の理由

車酔いが心配な方、トイレが心配な方、電車の方が安心の方…そんな人には新幹線でゆったりとスキーやスノボに行けるJRスキーツアーがあります! 新幹線ならバスや車と比べて移動時間が短いので、睡眠不足やトイレの心配がありません。安さよりも快適性を求める人には断然新幹線がおすすめです。

新幹線の座席は指定席、自由席、グリーン車から選べます。指定席or座席グリーン車でを確保すれば、座れない心配もありません。家族やグループで行く場合にも、ボックス席にすれば移動の時間もみんなでおしゃべりしたり楽しむことができます。

スキーツアーの乗車券は、一般で発売されている券とは違います。
①指定列車の変更②自由席から指定席への変更③途中下車 ができませんのでご注意ください。

関東・関西・東海エリアから出発可能

関東エリアは東京駅・上野駅・大宮駅から出発。関西は大阪駅・京都駅から、東海エリアは名古屋駅から出発します。
行き先は、上越新幹線を利用する上越国際、苗場、湯沢、GALAをはじめとする上信越エリア、2015年に開業した北陸新幹線を利用する菅平や万座、軽井沢、蔵王エリアなど多方面に及びます。ビーウェーブでは、人気のスキー場へ行くプランを各種ご用意しております。

ビーウェーブのJRスキーツアーはここが違う

ビーウェーブの取り扱っているプラン数は他とは違います!そしてJRスキーに関する情報量とわかりやすさはビーウェーブならでは。
スキー場ごとのプラン一覧にはアクセスのご案内があり、各駅からホテルまでの電車やバスを使ったアクセス方法がご覧いただけます。新幹線を降りてからどうやってスキー場まで行けばいいのか心配な方は、各プランの詳細ページをチェック。コーススケジュールにシャトルバスや路線バスの時刻表も掲載しています。
JRのスキー・スノボーツアーに参加されるのが初めての方でも安心して利用できるのが「ビーウェーブのスノボー&スキーツアー」です。

出発前にチケットが届くので、自由席なら早朝に出発するのものんびり出発するのもお客様の自由です。各自で新幹線に乗車して、友人とスキー場で「現地合流」なんてこともできるので、忙しい方の泊まりでのスキー旅行などにご利用いただいております。また、2015年開通の北陸新幹線に乗車するプランもあるので、この機会に利用してみてはいかがでしょうか。

電車ならではの利便性を最大限生かして新幹線で行く、JRスキーツアーをお楽しみください。

JRで行くスキーツアーを予約してみよう!

まずは出発地を選ぼう

ビーウェーブのJRスキーツアーは関東、東海、関西、北陸から出発します。
予約の際は最初に「東京・上野・大宮発」「名古屋発」「大阪・京都発」「金沢・富山発」の中から出発駅を選びましょう。

次はスキー場を選ぼう

JRを利用して行けるスキー場は40ヶ所以上!
お好きなスキー場を選んでください。

続いてホテルを選ぼう

どこに泊まる?ホテルによって特典もさまざま。
新幹線スキーは駅からのアクセスが便利なところが人気です。

指定席?自由席?リフト券は?
レンタルは?で、いくら?

その疑問の答えは全てJRスキーのプランページにあります。
プランによってさまざまなのでじっくり読んで、旅行内容に納得の上、申し込んでくださいね!

予約完了メールが届きます

予約完了メールが届いたら期日までにお支払いを済ませます。

出発前に準備することは?

宅配便でチケットを受け取る!

出発の2~5日前に代表者の自宅にチケットが届きます。
届いたら間違いがないか必ず確認しましょう。

到着駅からのアクセスを確認!

チケットに入っている案内を見ながら新幹線・特急で到着する駅からホテルやスキー場へのアクセスを事前に確認します。

忘れ物がないかチェック!

乗車券・クーポン券は持った?
ゴーグル・グローブ・ニット帽は?
靴下は多めにね!

電車の旅とスキー&スノーボード
どちらも楽しもう!

この冬は東北新幹線、山形新幹線、上越新幹線、北陸新幹線、ワイドビューしなのに乗ってJRスキーの旅に出かけよう!

JRスキーツアー 列車の紹介

北陸新幹線
北陸新幹線(はくたか・あさま)

高崎駅~長野駅間が先行開業し、それまでは「長野新幹線」という愛称で呼ばれていました。2015年3月14日に、長野駅~金沢間が開業し「北陸新幹線」という正式名称になりました。現在は、E2系、E7系、W7系が使用されています。E7系とW7系は、「“和”の未来」コンセプトとしデザインされました。バリアフリー・快適性を意識した車内は、シートに座席番号を点字で表記。さらにすべてのトイレが洋式の洗浄機付き暖房便座になっています。

ワイドビューしなの
ワイドビューしなの

名古屋駅~長野駅を結ぶ特急列車ワイドビューしなの。カーブで生じる遠心力の影響を抑えるため、「振り子式車両」を採用。この「振子式車両」は、カーブの多い路線でスピードアップ、乗り心地を実現するために開発されました。最高速度は130km/h。名古屋駅を出発し約2時間50分で長野駅に到着します。窓の外に見える木曽路の美しい風景を満喫してください。

サンダーバード
サンダーバード

大阪駅~金沢駅・和倉温泉駅間を運行。大阪駅~金沢駅間の所要時間は約2時間40分。サンダーバードの前身となる列車が「雷鳥」であることから、名前の由来を「雷=サンダー、鳥=バード」とよく誤解されがちですが、実際の由来は全く別。アメリカの先住民に伝わる神話に出てくる雷光と雨を起こす空想上の鳥「サンダーバード」に由来しています。座席や内装のデザインの見直し、女性専用車にてブランケットの貸し出しを行うなど、より快適な列車の旅ができるよう、車内設備やサービスの改善が進められています。

JRスキーツアーって何だろう?

JRスキーツアーは往復の新幹線とホテル宿泊そしてリフト券がついたお得なプランです。新幹線は指定席、自由席、グリーン車から選べます。東京駅・上野駅・大宮駅から出発します。上越新幹線を利用して上越国際、苗場、湯沢、GALAをはじめとする上信越エリアへ。長野・東北新幹線を利用して菅平や万座、軽井沢、蔵王など人気のスキー場へ行くプランを各種ご用意しております。
ビーウェーブの取り扱っているプラン数は他とは違います!そしてJRスキーに関する情報量とわかりやすさはビーウェーブならでは。スキー場ごとのプラン一覧にはアクセスのご案内があり、東京、上野、大宮の各駅からホテルまでの電車やバスを使ったアクセス方法がご覧いただけます。新幹線を降りてからどうやってスキー場まで行くのか心配な方には各プランページのコーススケジュールにシャトルバスや路線バスの時刻表も掲載しています。JRのスキー・スノボーツアーに参加されるのが初めての方でも安心して利用できるのが「ビーウェーブのスノボー&スキーツアー」です。
車酔いが心配な方、トイレが心配な方、電車の方が安心の方、新幹線でゆったりとスキーやスノボに行けるJRスキーツアーがありますよ!小さなお子様から年配の方まで広く人気があるのが新幹線で行くスノボツアーの特徴です。自由席なら出発前にチケットが届くので早朝に出発するのものんびり出発するのもお客さまの自由です。各自で新幹線に乗車して友人とスキー場で現地合流なんてことも気楽にできちゃうので忙しい方が泊まりでのスキー旅行にご利用いただいております。また、2015年開通の北陸新幹線に乗車するプランもあるので、スノボがてら利用してみてはいかがでしょうか。電車ならではの利便性を最大限生かして新幹線で行く、JRスキーツアーをお楽しみください。