スキー&スノーボード情報 スノコミ

みんな大好き!バイキングがあるスキーツアーの宿

  • 公開日:2022.12.29
  • 更新日:2023.01.10
バイキング

スキーツアーで楽しみの一つといえば、宿泊先で提供される料理です。
地域の食材を使ったメニューや、地元のお酒など、ワクワクしますね。
ここでは、いろいろなメニューが食べ放題形式のバイキング形式があるスキーツアーの宿泊施設を紹介します。

バイキング付き!スキーツアーでオススメのホテル

夕食と朝食のどちらもバイキングスタイルのホテルを紹介します。
(※季節や仕入れによってメニューが変わることもあります。また人数によりセットメニューになる場合があります。)

ホテルノース志賀
ホテルノース志賀

「スキー場のおすすめバイキングの宿」の一つ目のご紹介は、長野県の北志賀竜王スキーパークのゲレンデが目の前にあるホテル。
夕食のバイキングは定番のお料理や、信州名物のソバや、旬に合わせて仕入れたカニなどが楽しめます。
地産地消にも力を入れており天ぷらも楽しめ、お寿司もあります。最後はデザートで嬉しさ倍増!
ビーウェーブのスキーツアープランでは、夕食バイキングに追加オプションがあります。(2023年シーズン)
「牛すき焼き」又は「牛しゃぶしゃぶ」食べ放題が、おひとり様1,100円(現地申込、現地支払)で追加可能です。宿泊当日の12時までにホテルへグループ単位での申込が必要です。
寒い中、鍋もあたたまりすね。

白馬ハイランドホテル
白馬ハイランドホテル

八方屋根スキー場まで送迎約10分。
地産地消に力を入れており、夕食では約40種類もの信州の季節の食材が並びます。
オープンキッチンから提供される信州素材による揚げたての天ぷらもオススメです。
朝食バイキングでは30種類以上の健康的なメニューが満喫できます。

ホテルアルペンブリック
ホテルアルペンブリック

「スキー場のおすすめバイキングの宿」の二つ目のご紹介は、新潟県の池の平温泉アルペンブリックスキー場の目の前にあるホテル。
レストラン「タトラ館」では、収容人数400名のゆったりしたスペースでメニューが多数用意されてます。
ビーウェーブのスキーツアープラン(2023年)では、地ビール飲み放題(90分)の追加した場合、妙高高原ビール5種飲み放題料金が通常1,650円→1,100円に割引されます。
夕食がバイキングの日程限定で、グループ単位で申込が必要です。
ツアー参加者全員に「ドリンクバー無料券」が付いているので、アルコールが飲めない方もドリンクを楽しめます。

まとめ

今回紹介したホテルは夕食だけではなく朝食もバイキングに対応しています。
スキーやスノボを楽しんだ後は、こだわりの料理をおなかがいっぱいになるまで味わいましょう。

この記事を書いた人

坂越 知也

所属
ビーウェーブ大阪本社
スキー・スノボ歴
スノーボードが約20年、5年ほど空白の期間あり。
おすすめスキー場
志賀高原スキー場

撮影など仕事とプライベートで、全国のスキー場の内約1/4程には行ったことになります。企画もご案内も、この経験を最大限生かします。

ページトップへ
検索