実際にスタッフがロッジ杉の原(妙高杉ノ原スキー場)で撮影した動画&レポートが人気です。

ロッジ杉の原
(妙高杉ノ原スキー場)

ロッジ杉の原の外観

アットホームな宿

今回はゲレンデまで徒歩約7分の「ロッジ杉の原」をご紹介!妙高杉ノ原スキー場のメインゴンドラへと繋がる第一ロマンリフト乗り場までは徒歩8分、レンタルショップへは徒歩約5分の立地です。

ロッジ杉の原の専用駐車場

駐車場はすぐ目の前

車でお越しのお客様はすぐ目の前にロッジ杉の原の専用駐車場をご利用いただけます。車が22台止められる広い駐車場は、大型バス3台が停められる広さです。貸切バスでお考えの幹事様がいらっしゃれば、ビーウェーブまでご相談ください!

続いて館内をご紹介します。

ロッジ杉の原のフロント

玄関を入るとすぐ右手にフロントがあります。マイカープランでお申込みのお客様は、朝の7時以降にここでチケット類をお受け取り下さい。

ロッジ杉の原のロビー

フロントの横にはソファーが置かれたロビーがあります。スキーに出かける前や到着したときにはこちらをご利用ください。
ロビーには自動販売機と共同利用の冷蔵庫があり、Wi-fiも利用できます。この休憩スペースで他のお客様と仲良くなり次の日に一緒に滑ったり・・・なんて言うのもあればいいですね。

ロッジ杉の原の掲示板

館内の掲示板には、アメニティの案内や食事時間などの案内が貼ってあります。バスタオルは付いていないので、忘れた方は有料になりますがフロントでレンタルしてください。ごみの捨て方も掲示板に掲示されているので、分別方法もお確かめいただきご協力ください。

ロッジ杉の原の和室

客室は和室

客室は全室和室となっています。また、お風呂とトイレは客室内には付いていないので共同のものをご使用ください。
2階の客室階にも共同の冷蔵庫が置かれているのでご使用ください。ただし、他のお客様も利用されるので、冷蔵庫に入れる際には自分たちの飲み物だと分かるように目印をつけておくといいかもしれませんよ。

ロッジ杉の原の浴場

体もポッカポカ

冷えた体を温めるにはお風呂が一番!決して大きな湯船ではありませんが、疲れを取るのには十分な男女別浴場。ゆっくり湯船につかって次の日、筋肉痛にならないように体を休めてください。

女性のお客様には必須のドライヤーは、フロントで貸出ししてもらえます。数に限りがあるので使った後はフロントの返却にご協力ください。入浴時間は15時~22時で朝風呂はありません。夕食前後の時間帯は込み合いますので譲り合ってお使いください。

ロッジ杉の原の夕食

おいしいごはんでおなか一杯

続いては夕食の紹介です。内容は日程によって異なりますが、この日は、ポークピカタ、えびのチーズ焼き、地元野菜の味噌汁、茶わん蒸しなど。メインのポークピカタはハンバーグなど日程によって変わるそうです。

ところで、ポークピカタがピンと来ない方のために。ピカタとは西洋料理のひとつで、薄切り肉に小麦粉や卵を付けてソテーしたものです。女将さんから、「お好みで醤油やソースをつけて食べてください」との事。

かんずり鍋

鍋付きメニューに変更

有料オプションで妙高高原の名物料理、かんずり鍋付きのメニューに変更できます。かんずり鍋とは、肉や野菜のほかに、日本海で取れた地元のカニやホタテなどの海鮮が入った味噌ベースの鍋です。取り分けてから、新潟生まれの万能調味料「かんずり」でお好みの辛さに調整して食べます。

万能調味料「かんずり」

これが新潟生まれのかんずりです。冬の大寒波の時期に塩漬けした唐辛子を雪の上に撒き、甘みを際立たせたものを麹などと混ぜ何年も熟成させたものです。冬に作るので寒作り(かんづくり)と言われたのが名前の由来だそうです。辛い中にも旨味があり、ほのかにゆずの香りが感じられました。

ロッジ杉の原の外観

実家に帰ってきたかのようなアットホームな雰囲気と、地元の米や野菜を使った女将さんの手料理がおすすめのロッジ杉の原。ご家族や友人などと御一緒にぜひご宿泊ください。