寒いリフトにさよなら!ゴンドラで快適なスノボライフを

寒いリフトにさよなら!ゴンドラで快適なスノボライフを

「頂上から滑り降りたいけれど、そこに行くまでが寒い!」 そう思っている方は非常に多いと思います。 スキー場にはリフトが併設されており、それを利用して頂上まで行くのが一般的です。 普通のリフトはカバーがないので、雪や風をそのままダイレクトに受けてしまうので、とても寒い。 たとえ晴れていたって、雪山は寒いものです。 そんな寒いリフトを利用しなくても、快適に頂上まで行くことができるのが「ゴンドラ」です。

そこで、ここではゴンドラが完備されている長野県のスキー場を一挙ご紹介していきたいと思います。 ゴンドラを利用して快適なスノボライフを満喫しましょう。

【ゴンドラ完備の人気のスキー場】
富士見パノラマリゾート

富士見パノラマリゾート(1基/2,489m)

晴天率85%を誇る富士見パノラマリゾートは、とにかく晴れの日が多く、気持よく滑れると評判のスキー場です。 山頂まで行くと、長野の山々を一望できる素晴らしいパノラマビューが待っています。 寒くて視界が悪いと言うことがほとんどないので、安心して滑ることができるでしょう。

このスキー場はスノーボードが全面滑走可能で、スノーボードパークも充実しています。 富士見パノラマリゾートのゴンドラは全長2489mで8人乗り。 ゴンドラメインで頂上まで行けるのでとても楽です。 ゴンドラで行けるコースは中級コースと上級コースのみなので、初心者やお子さんは一度ゴンドラで下山する必要があります。

おんたけ2240

おんたけ2240(1基/2,425m

標高2240mのおんたけ2240スキー場は、最長コースが7,000mと滑り応えのあるゲレンデが特徴です。 標高が高いため、雪質が良く、毎年春頃まで営業しています。 コースは全9つです。 緩やかな傾斜ばかりのコースなので、初心者でも楽しむことができるでしょう。

そんな「おんたけ2240」の最大の魅力がゴンドラで頂上までアクセスすることができること。 ゴンドラに乗ってしまえば、一気に最上部まで行くことができるので、寒い日でも安心です。 ゴンドラは全長2425m。 おんたけ2240スキー場もまた晴天率70%を誇っています。 シーズンを通して気候が安定しているので、山頂部からの眺めは最高です。 運が良ければ雲海にも出会えます。 雲海が広がるその景色はまさに感動ものです。

白馬五竜スキー場

白馬五竜スキー場(1基/2,013m)

雄大な景色と巨大ゲレンデ、そしてパウダースノーが魅力的で高い人気を誇る白馬五竜スキー場。 コース面積70ha、15のコースが用意されています。 白馬スキー場の中で最も人気が高く、個性豊かなコースを存分に楽しむことができます。 ハーフパイプやスノーボードパークがあることから、スキーヤーだけでなく、スノーボーダーにも人気のスキー場です。

隣接するHakuba47にはゲレンデから直接アクセスすることができますし、共通リフト券も用意されているので、2つのスキー場を楽しむ方が多いのが特徴です。 そんな白馬五竜スキー場にも全長2013mのゴンドラがあります。 実はこのゴンドラに乗れば、隣のHakuba47に連絡するコースへと行くことができます。

Hakuba47

Hakuba47(1基/1,456m)

白馬五竜スキー場に隣接しているスキー場Hakuba47。 極上の雪質と多彩なコースが魅力の人気のスキー場です。 上級者コースから初心者コースまで豊富に用意されているので、大人から子供まで幅広い世代が楽しめます。 そんなHakuba47のゴンドラは全長1456m。 ゴンドラでゆったりと山頂までアクセスすることができます。 ゴンドラが到着する山頂駅にはレストランが併設されており、北アルプスを眺めながら食事を楽しむこともできます。

八方尾根スキー場

八方尾根スキー場(1基/2,064m)

長野オリンピックの会場にもなった八方尾根スキー場は、とても素晴らしい環境のスキー場です。 極上のパウダースノーとバラエティ豊かなコースが最大の魅力と言えます。 パウダースノーゲレンデを山頂から一気に滑走すれば、抜群の爽快感を味わえます。 単体のスキー場としては、国内最大級の広さを誇っており、上級者の集うスキー場としても有名です。 そんな八方尾根スキー場のゴンドラは全長2064m。 ゴンドラを利用して山頂部まで一気にアクセスすれば、アドレナリン全開で滑走できること間違いありません!

白馬岩岳スノーフィールド

白馬岩岳スノーフィールド(1基/2,183m)

白馬村にある白馬岩岳スノーフィールドは、学生スキーのメッカとして知られています。 学生スキーの大会が行われるこのスキー場は本格的なコースが揃っています。 山頂部分の雪質は最高レベル! 素晴らしい景色もまた白馬岩岳スノーフィールドの魅力ではないでしょうか。 そんな白馬岩岳スノーフィールドのゴンドラは全長2183mです。 山頂部まで一気にアクセスすれば、バリエーション豊富な26のコースを楽しむことができます。

栂池高原スキー場

栂池高原スキー場(1基/4,120m)

超ロングなゴンドラのある栂池高原スキー場。 全長4120mのゴンドラは、まさにこのスキー場のためのもの! 本格的なコースが用意されていることから、なんとヘリスキーも行っています。 ヘリスキーは主に初春に実施されています。 約17kmのスーパーロング滑走はスキーヤーなら一度は試してみたいものです。

東館山スキー場(1基/1,384m)

オリンピックやワールドカップなどとても大きな大会に使用される東館山スキー場の上級コース。 まさに一流のスキー場と言えるのではないでしょうか。 志賀高原エリアにあるスキー場で、山頂部からの眺めもまた最高です。 上級者コースだけでなく、初心者コースやファミリーゲレンデも用意されている人気のスキー場です。 そんな東館山スキー場のゴンドラは全長1384m。 「たまゴンドラ」の愛称で親しまれているゴンドラは、乗るだけで何だか楽しくなってしまう混在型ゴンドラとなっています。

焼額山スキー場

焼額山スキー場(2基/1,925m+2,121m)

志賀高原にある焼額山スキー場は、数々の国際的な大会の舞台となったスキー場として知られています。 そんな焼額山スキー場には2基のゴンドラが設置されています。 全長1925mと2121mのゴンドラがあるため、快適に山頂部まで上ることができます。 実はこのスキー場は、あの映画「私をスキーに連れてって」のロケ地にもなったところ。 ゴンドラを利用してロングクルーズを楽しみながら、映画さながらに滑るのもまた気持ち良いと思います。

奥志賀高原スキー場

奥志賀高原スキー場(1基/1,917m)

志賀高原にあるスキー場の一つです。 ここはスキーだけでなく、夏場は登山や避暑地としても知られるリゾート地です。 志賀高原の一番奥に位置する奥志賀高原スキー場は、自然に恵まれているため、素晴らしい景色を堪能することができます。 極上のパウダースノーもまた人気の理由です。 そんな奥志賀高原スキー場のゴンドラは全長1917m。 標高2000mの山頂部まで一気に上ることができます。

野沢温泉スキー場

野沢温泉スキー場(2基/2,274m+3,515m)

歴史あるスノーリゾートとしその地位を揺ぎ無いものにしたのが野沢温泉スキー場です。 日本国内だけでなく、海外からのスキー&スノーボード客も増えており、国際的なスキー場となりつつあります。 昭和が色濃く残る野沢温泉が隣接しているため、アフタースキーを楽しみにしている方も多いのではないかと思います。 そんな野沢温泉スキー場には2基のゴンドラが設置されています。 2274mと3515m。 3515mのゴンドラの所要時間は約20分です。