スノボー・スキーツアーの用語集、スキー場の自然、ベタ雪をご案内します。

スノボ・スキーツアーの用語集

ベタ雪
(スキー場の自然)

ベタ雪

水気を多く含んだベチャっとした雪で、抵抗が大きいです。板が重く感じる上、無理にスキーを回しこむ動きをすると雪が崩れます。
また、1ターンあたりの体力消費が多く、小回りを続けるのは厳しいです。一度スピードが落ちると加速するのに時間がかかる一方、旧ブレーキをしても腰やひざと言った関節への負担は少ないです。

ベタ雪を安全に滑るには、エッジを立てすぎず、縦長の大きな弧を描く、緩いカービングターンで滑ると良いです。また、1ターン腰高かつ背筋を伸ばし、方向制御は足首の左右へのわずかな角付けで始動します。ある程度スピードが出ても、自分からスピードを落とす意識は必要ありません。それなりに急な制動をしても普段より楽なので、視野を広くとってロングクルージングを楽しみましょう。

粉雪

少しでも体力の消耗を抑えるため、リフトを降りてから次に乗るリフト場までは止まらない方がいいかもしれません。人が多いときは、斜面を斜めに大きく使うと、より安全に滑ることが出来ます。小回りや、コシとスキーの距離を横に話すような深めのカービングターンはベタ雪にはお勧めできません。