スノボー・スキーツアーの用語集、滑る前の準備、ビンディング(バインディング)をご案内します。

スノボ・スキーツアーの用語集

ビンディング(バインディング)
(滑る前の準備)

ビンディング(バインディング)

スノーボードにブーツを取り付けるための器具です。板とビンディングは元々別のもので、両脚の幅や取り付け角度など、それぞれ自分に合った正しいセッティングが必要になります。

マイボードを持たずレンタルを利用している人は意外と知らないこともあるので、滑ってみて違和感があればお店の人に相談してみてください。

板には必ず取り付け用のネジ穴が開いていて、最近のモデルではメーカー推奨の位置に印が付いているものも多くなっています。

ビンディング(バインディング)

セッティングが初めての方はまずその通りに取り付けてみて、実際に滑ってから自分の好みに合わせて微調整を行うのがオススメです。
また、ブーツを固定する際の締め付けも重要で、それが硬ければ硬いほど足の動きがじかに板に伝わり、コントロールに影響が出やすくなります。そのため、ちょっとした動きで思わぬ方向に進んでしまい、かえってコケやすくなるため、初心者の方は少し柔らかめから、上達に合わせて硬くしていくのがオススメです。