スノボー・スキーツアーの用語集、マメ知識、スノーボードの伝来をご案内します。

スノボ・スキーツアーの用語集

スノーボードの伝来
(マメ知識)

初期のボードは先端に紐付きが主流

日本国内においてスノーボードやスノーサーフィンが現れたのは1970年代後半。当時は競技人口も少なく、その存在さえ知られていませんでした。ボードはスチールエッジや高分子プラスチックソールなどスキーと同様の構造になりました。バインディングや専用ブーツなども急速に改良されより一層、競技への関心も高まりました。

1983年頃には北米スノーボード協会にリンクする形で、世界初の国協会として日本スノーボード協会が発足。同時期に日本スノーサーフィン協会も発足し、第一回全日スノーサーフィンチャンピオンシップが開催されました。1987年には日本スノーボード協会が日本スノーサーフィン協会を吸収合併し、国内の活動を一元化、各地区大会・全日本選手権大会を毎年開催し、新しい滑走技術の向上に努め、急速に改良される用具とともに発展してきました。

近年では、ウィンタースポーツのひとつとしてメジャー化しつつあります。