スノボー・スキーツアーの用語集、ウィンタースポーツ色々、ショートスキーをご案内します。

スノボ・スキーツアーの用語集

ショートスキー
(ウィンタースポーツ色々)

99cmのファンスキー(大淵)

ファンスキー、スキーボード、スノーブレード(サロモンの商標)などの短いスキー板の総称として使われていること多いようです。

ぱんだ社長

日本にスキーが伝わった当時のスキーの長さは2m30㎝程と言われています。一本杖で、それをテコに回しているという方式がとられていました。時代の流れと共に、スキー技術の向上、金具やスキー靴の進化と変遷を繰り返しながらスキーの長さや形状が進化し、短くなってきました。
1990年代の初めのころからカービングスキーの出現によりスキーの板の長さは短く、安定性のあるスキーへと進化し、近年では、130㎝以下のショートスキーが多く製造され、スキー技術の短期の習得に効果を発揮しています。