スノボー・スキーツアーの用語集、パークアイテムに挑戦、テーブル落ちをご案内します。

スノボ・スキーツアーの用語集

テーブル落ち
(パークアイテムに挑戦)

高鷲スノーパークのビッグキッカー

スノーパーク内で一番人気のジャンプ台アイテム(キッカー)は、助走のスピード調整が最も重要です。スピードが足りなくて着地点(ランディングゾーン)まで届かず、キックからランディングゾーンまでの平らな部分(テーブル)に着地してしまうことを、テーブル落ちと言います。

小さいジャンプ台(キッカー)だと衝撃は少ないですが、大きなキッカーであれば相当な衝撃があります。ランディングゾーンに着地すれば、小さいキッカーでも衝撃が全然違います。スピードアップしてランディングゾーンに届かせましょう。

これとは逆に、スピードの出し過ぎでランディングゾーンを飛び越えてしまうことを「フラット落ち」と言います。最も怪我の原因になりやすいので注意しましょう。スピードが分からない場合は、他の人のスピードや飛距離を一度見てから挑戦することをおすすめします。無理をせず、自分のレベルに合ったアイテムで怪我の内容に注意して楽しく滑りましょう!