札幌から90分!2台のゴンドラとクワッドリフトで輸送力抜群、札幌国際スキー場

札幌から90分!2台のゴンドラとクワッドリフトで輸送力抜群、札幌国際スキー場

札幌国際スキー場

北海道札幌市南区にある「札幌国際スキー場」は、札幌市や小樽市からのアクセスが良いため、地元客のみならず道外からのリピーターも多いスキー場として知られています。車で札幌中心部から約90分、小樽市街から約40分とアクセスの良い場所にありながらも積雪量は北海道随一。そのため、極上のパウダースノーを楽しむことができます。近隣のリゾートスキー場と比べて利用料金もリーズナブルなことや、アットホームな雰囲気があるため、ファミリーにも人気のスキー場です。

札幌国際スキー場

札幌国際スキー場のコースの特徴とは

札幌国際スキー場のコースは全部で7つです。近隣の大規模なリゾートスキー場に比べるとゲレンデ規模は劣るのですが、実際に行くとその広さに驚かされます。そこはやっぱり北海道です。最長滑走距離3.6kmのロングランコースや、とっても幅の広いコースなど7つのコースは多彩で、初級者から上級者、ファミリーまで、好みに合わせて楽しむことができます。そしてなにより安定した降雪がもたらす極上のパウダースノーで、スキーヤーやスノーボーダーを魅了しています。

初級者のおすすめなのが「林間コース」から「メルヘンコース」です。実はそのコースがこのスキー場で最も長い3.6km。傾斜の緩いコースなので、ビギナーや初級者が安心して滑れるコースとなっています。札幌国際スキー場のメインコースとなっているのが「ファミリーコース」です。適度な斜度と幅の広いコースで思いっきり滑走することができるでしょう。晴れた日には、小樽湾や石狩湾を眼下に滑れることもあります。素晴らしい北海道の景色を眺めながらの滑走はまさに爽快。そしてこのスキー場で最も降雪量の多いコース「ダウンヒルコース」は、中級者から上級者におすすめです。朝一番は非圧雪コースならではの面ツル斜面が頂上から麓まで約2.2km続きます。朝一番で滑れば、何とも言えない気持よさを感じられるでしょう。

札幌国際スキー場

2台のゴンドラとクワッドリフトで輸送力抜群

札幌国際スキー場は、ゴンドラに乗れば山頂まで直接アクセスすることが可能です。しかも、スキー場内にはゴンドラが2台もあるので、混雑を避けることができます。混雑時の待ち時間を短縮してくれる8人乗りの大型ゴンドラはとっても便利。また、札幌国際スキー場には「エコークワッドリフト」もあります。高速のリフトなので、輸送力抜群です。2台のゴンドラとエコークワッドリフトでスムーズに山頂までアクセスすることができるでしょう。

札幌国際スキー場

クオリティの高い評判のゲレ食

札幌国際スキー場のゲレ食はまさに絶品と評判です。豊富なお店と個性的なメニューが充実しています。スキーセンター2Fのファミリーレストラン・ラビットでは、定番のゲレ食が食べられます。カレーやラーメン、丼物など豊富なメニューが自慢です。その中でも札幌国際スキー場名物の「特製カレーラーメン」が大人気。スキーシーズンにはオープンしていませんが、春になると屋外でジンギスカンも食べられるとのことです。

充実のレンタル用具で手ぶらでスキーが楽しめる

札幌国際スキー場には、約1,000種類にもおよぶ種類豊富なレンタル用具が用意されています。最新ウェア、新しいスキー板、スノーボードも随時入荷されている幅広いラインナップが特徴です。北海道へ行くのに、板やウェア、ブーツなど持って行くのが大変だという方は、ぜひレンタルサービスを利用してください。手ぶらで行ってスキーが楽しめます。一度借りたスキー板、スノーボードを別のものと交換できるサービスもあります。札幌国際スキー場には、小さなお子様でも存分に楽しめるエリアがたくさんあるので、ファミリーみんなで楽しめるスキー場です。