スノボー・スキーツアーの用語集、グルメを楽しむ、信州黄金シャモをご案内します。

スノボ・スキーツアーの用語集

信州黄金シャモ
(グルメを楽しむ)

信州黄金シャモ(イメージ)

2001年に取り組みを始めてから約4年の歳月をかけて開発された信州発の新品種「信州黄金シャモ」。
地鶏らしさを備えた理想の品種を追求し何種類もの交配が行われました。その結果、黄金色に輝く美しい羽、引き締まった中型の身体と勇敢な姿をした地鶏ならではの美味しさを堪能する事の出来る信州黄金シャモが生み出されました。

父鶏には歯ごたえがあり特に美味しいと言われている「シャモ」、母鶏には肉厚が赤みを帯び、歯ごたえとコクに定評のある「名古屋種」。いずれも日本で古くから飼育されてきた在来種の地鶏です。

両者の血を引いた信州黄金シャモの美味しさの素は、健康な身体づくりや美容のために注目されている「アミノ酸」。アミノ酸は人間の体を作る栄養素の一つ、たんぱく質の材料となる成分ですが、食品の美味しさの決め手になる栄養素でもあります。その中でも特に、旨味を感じるグルタミン酸とアスパラギン酸、甘みを感じるセリンの3種類が非常に多く含まれています。脂肪分とカロリーが少なく、3種類のアミノ酸に由来する旨味成分と、たっぷりの肉汁が口の中に広がることで旨味を存分に味わうことが出来ます。更に、地鶏ならではのしっかりとした歯ごたえで、噛むほどにあふれる旨味を感じられます。