スノボー・スキーツアーで行く、上信越エリア・菅平高原スノーリゾートのコース数やリフト数、最長滑走距離などの基本情報、パークや館内施設についてご案内します。

菅平高原スノーリゾート(長野県)

菅平高原スノーリゾート
菅平高原スノーリゾート
菅平高原スノーリゾート
菅平高原スノーリゾート
菅平高原スノーリゾート

1年を通して気温が低いため、合宿地としてもよく利用される菅平高原。2つに分かれたダボスエリア・太郎エリアには、バリエーション豊富なコースが揃い、雪質もサラサラでスキーヤー・スノーボーダーに人気。コース数はなんと60。スノーシューで牧場周辺を散策するトレッキングやバックカントリーツアーなども楽しめます。スクールも数多くあり、自分にあったものを見つけてレッスンを受けるのも◎上田菅平ICから車で10分の場所に「真田温泉 ふれあいさなだ館」があるので、汗を流して帰るのもオススメ。

動画&レポート

動画&レポート

コース情報

コース数 リフト数
60 18
レベル別
コース割合
ボーダー・
スキーヤー割合
20% 60% 20%
初級 中級 上級
60% 40%
スキーヤー ボーダー

基本情報

スキー場名
すがだいらこうげんすきーじょう
菅平高原スノーリゾート
所在地
〒386-2204 長野県上田市菅平高原1223-1751

所要時間
■東京より車で約3時間10分
■名古屋より車で約4時間
■大阪より車で約5時間50分
アクセス
■上信越道・上田菅平ICより約20km(約30分)
■北陸新幹線・上田駅よりバス(約55分)
駐車場台数
3,000台
標高差
310m
最長滑走距離
2,600m
最大斜度
36°
総面積
118ha
URL
公式サイト
天気
菅平高原スノーリゾート
仮眠所
なし
休憩所
各ゲレンデ下部
更衣室
各ゲレンデ下部
入浴施設
なし
託児施設
なし
キッズパーク
天狗キッズパーク(天狗ゲレンデ前)、スマイルパーク(パインビークゲレンデ)

パーク情報

ハーフパイプなし ヒップなし クウォーターパイプなし スパインなし テーブルトップなし ボックスあり ワンメイクあり レールあり キャニオンジャンプなし ウェーブあり
ハーフパイプ ヒップ
× ×
クウォーターパイプ スパイン
× ×
テーブルトップ ボックス
×
ワンメイク レール
キャニオンジャンプ ウェーブ
×

コース動画

菅平高原スノーリゾートのゲレンデマップ。

上級奥ダボス第1トリプルリフト沿い:上級コース

高速フード付きトリプルリフトで山頂到着後、まず目の前に広がる菅平高原スノーリゾートのシンボル根子岳を仰ぐ大景観に圧倒されます。ゲレンデマップ上、コースが短く見えるが、奥ダボス第1トリプルリフト沿いをまっすぐ滑るロングコースです。しっかりと整地されており、コース幅が大変広く、見通しが良いので、スピードを出したい方やアルペンスキーの練習に最適です。

スキー場おすすめ情報

菅平高原スノーリゾートに行くプランを予約

菅平スノーリゾートに来たら乗りたいスノーキャット

菅平スノーリゾートは、日本でも有数のスノーエリアとして知られている場所です。パインビーク、太郎、ダボスそれぞれ3つのエリアを総称して呼ばれています。
この3つのエリアは非常に広いため、全体で見ると60ものコースが存在しています。
そんな広大な敷地でスキー・スノボーを楽しめる菅平スノーリゾートの魅力を紹介するので、今年の冬にスキー旅行を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

■菅平スノーリゾートは3つのエリアの総称

菅平スノーリゾートは、3つのエリアに分かれていますが、リフトで全て繋がっているので簡単に移動が可能です。 3つのエリアの中でも、最大規模を誇るのは、リゾート内の南側に位置する「パインビークエリア」です。
初心者向けとして知られているパインピークエリアは、子供向けのパークが併設されており、お子さんが雪に慣れるようにソリ遊びやスノーストライダーなど、充実した遊び場として人気があります。
その他のエリアでも、キッズパークは併設されていますが、託児所も併設しているのはパインビークエリアのみです。
託児所には、安心してお子さんを預けられるベテランスタッフが在籍しているので、大人はつかの間のスキー・スノボーを存分に楽しめます。
太郎エリアは、ウィンタースポーツを始めたばかり!という初心者におすすめなエリアです。 小学生がスキーデビューするゲレンデとしても有名で、滑走距離は短いですがお子さんが練習するには十分な広さだといえます。
傾斜も緩やかでゆっくりと滑れますし、山頂付近のファミリーコースでは富士山を一望できます。天候に恵まれると非常に美しい景色を見られるエリアなので人気があります。
ダボスエリアは、樹氷を見られるエリアとしてスキー・スノボー以外にも楽しめる場所です。

■菅平スノーリゾートといえばスノーキャット

菅平スノーリゾートは、スキー・スノボーだけではなくてスノーキャットをメインで楽しみにしている人が多いようです。スノーキャットとは、約18人が乗れる大きな雪上車の事を指しており、南極観測でも使用されているという珍しい乗り物です。
ベンチシートに座って移動しますが、リフトでも行けないような場所に向かえて、まずはダボスエリアにある樹氷を間近で鑑賞できます。
大きな樹氷が見られるのは全国的にも珍しく、菅平スノーリゾートでは貴重な体験が可能です。 また、晴れた日には樹氷と空のコントラストが美しく、SNS映えを狙えるのも魅力の1つだといえます。スノーキャットはツアーとして組み込まれるので、事前予約が必要です。
タクシー送迎付きプランと現地集合プランがあり、スキー・スノボーも楽しみたいという人は、現地集合プランがおすすめです。
スノーキャットは、菅平スノーリゾートならではの楽しみ方なので、他では体験できないことが可能なスキー場として多くの人から支持されています。

■アクセスも便利で来場しやすいことも魅力

菅平スノーリゾートは、アクセスの良さも魅力の1つです。
東京駅から新幹線で向かうと2時間半程度で到着できるので、スキー場まで遠いと感じる程ではないと思います。
また、JRの駅からはゲレンデまで直行の路線バスも運行しているので大きい荷物を持っての移動も負担にはならないでしょう。
やはり、スキーやスノボーをこれからするのに、まず移動で疲れてしまっては意味がありません。
行きはよくても帰りが辛い、という人も多いので、アクセスが良いというのはスキー場選びにとって大きなポイントではないでしょうか。
また、3つの各エリアには宿泊施設もあるので、「帰宅がめんどうだな…」とか「ゆっくり遊びたい」という方は、宿泊も兼ねて遊びに行ってもいいかもしれません。
アクセスは良いですが、やはり一日スキーやスノボーをすると疲れてしまいます宿泊して翌日すっきりした気持ちで帰るのも1つの手です。

関連リンク