スノボー&スキーツアーを北陸・甲信越など中国発でお探しならビーウェーブ

北陸・甲信越発
スノボー&スキーツアー

カテゴリを選択

北陸・甲信越エリアから行く
スノボー&スキーツアー

これまでビーウェーブのスキーツアーでは、東京や大阪、名古屋、岡山・広島といった地域から出発するツアーのみをご案内してきましたが、新たに石川・富山・福井・長野の北陸・甲信越エリアから行くスキー&ノボーツアーが登場しました。北陸からはJR新幹線で行く宿泊付のツアー、そして長野からはHakuba47ウィンタースポーツパークへ行く宿泊付のツアーです。北陸や長野に住んでいる方はもちろん、出発場所までは自分で交通手段を確保して、途中からスキーツアーを利用するものOK。どちらも宿泊付のプランなので、スキーやスノーボードだけでなく食事や温泉まで楽しめて盛りだくさんなスキー旅行ができます。

北陸発(石川・富山・福井)
宿泊付・JRスキーツアー

北陸発の宿泊付・JRスキーツアーは、石川県の金沢駅または富山駅から北陸新幹線に乗って信州・長野のスキー場へ行くツアーです。往復の新幹線と宿泊、そしてリフト券がセットになっています。北陸新幹線は2015年3月に開業したばかりで、その車両は「和の未来」をコンセプトにしたスタイリッシュなデザイン。青色は北陸新幹の沿線に広がる空の青さ、銅色は伝統工芸の銅器や象嵌、車体全体のアイボリーは日本的な気品や落ち着きを表現しています。また、車内はバリアフリーでどんな人でも快適に過ごせる設備。電動車いすにも対応した多機能トイレや、目が不自由な人のための座席番号の点字表記など、どんな人でも使いやすい工夫が施されています。

金沢駅から長野駅までは約90分です。金沢駅までは自己負担となりますので、各自で切符を買うなどして移動してください。行き先は白馬エリアや志賀・北志賀エリアのスキー場です。温泉入浴可能なホテルやバイキングのホテルなど、お好きな宿泊先を選んでくださ

長野発
宿泊付・朝発バスツアー

長野発の宿泊付・朝発バスツアーは、長野駅から白馬村にあるHakuba47ウィンタースポーツパークへ行くツアーです。長野駅からスキー場の送迎バスで1時間ほど走ったところにスキー場があります。このプランは、長野県内やその周辺地域に住んでいる方、冬の間だけ長野県に滞在している方などに向けたプランです。宿泊とリフト券がセットになったスキーツアーの方が特典も色々付いてお得。今までは東京や大阪、名古屋からのバスプランはありましたが、長野発のプランができたことで、色んなスキー旅行に対応できるようになりました。

Hakuba47ウィンタースポーツパークは、通称「よんなな」と呼ばれ、山頂で白馬五竜スキー場と連結しています。アイテムが充実したスノーパークや、美味しいゲレ食が味わえるレストランが魅力。キッズゲレンデは駐車場すぐ横のHakuba47の入り口にあります。スノーエスカレーターがあるので、移動も楽にソリ遊びができます。夜はホテルでゆっくり過ごしましょう。

Hakuba47で滑ろう!長野朝発・宿泊付バスツアーの流れ

長野駅からスキー場へ向かおう
長野駅からはスキー場の送迎バスに乗ります。乗り場はユメリアバスパーク。電車で来た場合は、JR長野駅の東口を出て1階まで降りてください。Hakuba47までは約1時間で到着します。スキーやスノーボードの板やウェアを持っていなくてもレンタルできるので、宿泊に必要な荷物と、ゲレンデでウェアの下に着る服があればOKです。

Hakuba47に到着
ベースセンターのユークリッド前に到着。レンタルを利用する場合は、スキー場の目の前にあるレンタルショップへ。着替えが終わったらゲレンデへGO!

Hakuba47のコースは全部で8つ。初級・上級者向けコースが30%、中級者向けコースが40%で、どのレベルの方もバランスよく楽しめるコース構成です。初心者の方は緩やかな傾斜のルート7で練習しましょう。

お昼ご飯はどこで食べよう?Hakuba47にレストランが色々あって迷います。今回はユークリッド2階にあるストランアリスで。カレーやどんぶり、ラーメンなどガッツリ系のメニューで午後もたっぷり滑っちゃおう。

滑り終えたら、宿泊施設でチェックイン。お食事やお風呂でゆっくりくつろいでください。

翌日も滑る?それとも?
リフト券は1日券(2泊の場合は2日券)または滞在中乗り放題のどちらかから選べます。スキー・スノボーはほどほどにして、あとの1日は自由行動したいとう方は1日券、たっぷり滑りたい方は滞在中付がおすすめです。

お帰りはユークリッド前からバスに乗車して長野駅に向かいます。
お疲れ様でした。

できたばかりで新しくてきれい!
飯山駅をのぞいてみよう

北陸発(金沢・富山)のJRスキーツアーで利用する飯山駅は、平成27年の北陸新幹線の開通に伴い、在来線の飯山駅を移設し新しく誕生しました。駅の正面玄関を入ると、信越自然郷 飯山駅観光案内所、信越自然郷アクティビティセンター、パノラマテラスの3つの施設があります。観光案内所では飯山周辺の情報が入手でき、伝統工芸品などのお土産の販売も行っています。1階にはコンビニや立ち食いそば店もあり、ちょっとお腹が空いた時でも便利。

パノラマテラス
パノラマテラスは、ゆっくりくつろげるおすすめのカフェ。コーヒーや紅茶以外にも日本酒やワインなどのお酒、チーズにソーセージ、飯山市内の和洋菓子スイーツなど色んな美味しいメニューが揃っています。お帰り時の列車の待ち時間等にぜひご利用ください。

入口には長野県の無形民俗文化財に指定されている「五束太々神楽(ごそくだいだいかぐら)」の舞を表現したからくり時計が設置されています。毎正時にメロディーに合わせてからくり人形が動きます。