スノボー・スキーツアーで行く、上信越エリア・妙高高原池の平温泉アルペンブリックスキー場のコース数やリフト数、最長滑走距離などの基本情報、パークや館内施設についてご案内します。

妙高高原 池の平温泉スキー場(新潟県)

妙高高原池の平温泉アルペンブリックスキー場
妙高高原池の平温泉アルペンブリックスキー場
妙高高原池の平温泉アルペンブリックスキー場
妙高高原池の平温泉アルペンブリックスキー場
妙高高原池の平温泉アルペンブリックスキー場

自然が生み出した良質パウダーと温泉が堪能できる大人気リゾート。大規模ゲレンデには初・中級者向けコースが大充実。二つのエリアに分かれたゲレンデは、開放感溢れた「カヤバゲレンデ」と主体が林間コースとなっている「アルペンブリックゲレンデ」で構成されています。横にワイドなコースが多いのが特徴で、周りの人とのライン取りがかぶりにくく、おのおので自由に滑ることが可能。適度な斜度変化が楽しめ白樺林をすべる初級者向け「やまばと林間コース」、やや急なポイントも下部にあり迂回もOKな中級者向け「ヤッホーコース」、一枚バーンで幅広の「カヤバゲレンデ」などがあります。大自然の妙高高原をバックに、歩くスキーやスノーシューも人気なのでオススメ。

動画&レポート

動画&レポート

コース情報

コース数 リフト数
10 6
レベル別
コース割合
ボーダー・
スキーヤー割合
50% 40% 10%
初級 中級 上級
30% 70%
スキーヤー ボーダー

基本情報

スキー場名
みょうこうこうげんいけのだいらおんせんすきーじょう
妙高高原池の平温泉スキー場
所在地
〒949-2112 新潟県妙高市大字関川2457-1

所要時間
■東京より車で約3時間30分
■名古屋より車で約4時間
■大阪より車で約6時間
アクセス
■上信越道・妙高高原ICより2km(約5分)
■信越本線・妙高高原駅よりバス(約15分)
駐車場台数
1,200台
標高差
740m
最長滑走距離
4000m
最大斜度
28°
総面積
-ha
URL
公式サイト
天気
妙高高原池の平温泉アルペンブリックスキー場
仮眠所
なし 
休憩所
カヤバ駐車場
更衣室
カヤバ駐車場
入浴施設
なし 
託児施設
なし
キッズパーク
ホテルアルペンブリックの近く

パーク情報

ハーフパイプなし ヒップあり クウォーターパイプなし スパインなし テーブルトップあり ボックスあり ワンメイクあり レールあり キャニオンジャンプなし ウェーブあり
ハーフパイプ ヒップ
×
クウォーターパイプ スパイン
× ×
テーブルトップ ボックス
ワンメイク レール
キャニオンジャンプ ウェーブ
×

スキー場おすすめ情報

妙高高原池の平温泉アルペンブリックスキー場に行くプランを予約

妙高高原池の平温泉アルペンブリックスキー場のゲレ食はとっても豪華!

利用者のレベル関係なく楽しめるスキー場として人気があります。
ただ単に滑るだけでも楽しいですが、妙高高原池の平温泉アルペンブリックスキー場の場合はもう少し違う視点でも楽しめます。
また、妙高池の平スキー場はゲレ食がとても豪華で特徴的なので、ゲレ食も紹介していきます。 興味がある方はぜひ参考にしてください。

■ワイドな斜面で開放的な滑りを実現

全国トップレベルの横幅の広さを誇るスキー場として知られている妙高池の平スキー場は、幅が広いため安全性に優れています。 妙高高原池の平温泉アルペンブリックスキー場の名物とも言われている「カヤバゲレンデ」にある、日本屈指の1枚バーンは初心者向けコースの中でも最も人気のコースです。
そのほかにも数多くのコース種類があり、初心者向けが多くゆっくりと上達したい人におすすめだといえます。
また、スキーだけではなくスノボを上達させたい!と思っている人向けの「Ikenotaira Park」があります。
「Ikenotaira Park」は、スノーボードスクールのプログラムもありますが、スノボ経験者ではあるけれど自身がないという人向けのゲレンデとしておすすめです。
飛ばずに入れるBOX、レールなど初心者向けのパークとして人気です。
縦に長いレイアウトなので、一回滑るだけでたくさんのアイテムを楽しめます。
スノボはスキーに比べるとバランス感覚も必要とするので、自力で上達させるには時間が必要になりますが、「Ikenotaira Park」だと、集中して滑ることでしっかりと上達が期待できるのです。

■妙高高原池の平温泉アルペンブリックスキー場のゲレ食はここだけの魅力たっぷり

妙高高原池の平温泉アルペンブリックスキー場は、幅広いゲレンデだけではなくてレストランも1つの魅力だといえます。
レストラン自体は3つですが、ゲレンデとは思えない豪華な食事を楽しめます。
金沢名物として人気の「ゴーゴーカレー」をゲレンデで食べられます。
カレーは、ゲレ食として人気があり、体が温まるので「ゲレンデに来たらカレーは絶対食べたい」と思っている人は多いでしょう。
中でもサクサクの衣とカレールーが絶妙にマッチングしたカツカレーが人気です。
そのほかにもアルペンブリックゲレンデ山麓エリアにある、「アルペンブリック」というレストランでは、豚肉料理をメインに食事を楽しむことが可能です。他では見られない豚汁ラーメンは、懐かしい味を感じながら体を温められます。
3つ目に紹介するのは、妙高高原池の平温泉アルペンブリックスキー場の中で1番の席数を誇る「妙高高原ビール園 タトラ館」です。タトラ館では、かなり豪華なバイキング料理を食べられます。 有名な妙高高原ビールの飲み放題がセットになっているバイキングは、お得感がある中で食事を楽しむことが可能で、いつもついつい飲みすぎてしまうという方は宿泊も検討されるのがおすすめです。
もともと地ビール人気を作り上げたことで知られている新潟なので、折角新潟に訪れたのであれば美味しいビールと海鮮バイキングを満喫するのも良いでしょう。 そのほかにもビールによく合うチーズフォンデュや焼肉も堪能でき、豊富な種類の料理から好きなものを選べて大満足なレストランです。

■スキー・スノボー終わりには温泉で一休み

妙高高原池の平温泉アルペンブリックスキー場では、他のゲレンデにはないサービスで人気がありますが、中でも人気なのが日帰り温泉です。
スキー場のすぐ下に温泉施設があり、露天風呂や大浴場からはダイナミックなロケーションを望めます。
温泉だけではなく、ネットカフェ機能も備えているので、ゲームをしたり仮眠をとったりと自由にくつろげます。女性専用のリラックスルームや居酒屋もあるので、スキーやスノボーで心身共に疲れた方には温泉でゆっくり過ごされることをおすすめします。
ゲームコーナーも充実しているので、家族や友人と一緒にくるとかなり楽しめます。

関連リンク