スノボー・スキーツアーで行く、上信越エリア・野沢温泉スキー場のコース数やリフト数、最長滑走距離などの基本情報、パークや館内施設についてご案内します。

野沢温泉スキー場(長野県)

野沢温泉スキー場
野沢温泉スキー場
野沢温泉スキー場
野沢温泉スキー場
野沢温泉スキー場

長野県下高井郡野沢温泉村にある野沢温泉スキー場。総面積トップクラスのゲレンデには、標高1,200m以上からの眺めが最高な上ノ平ゲレンデ、ロングコースのスカイラインコース、巨大なコブがぎっしり&幅が狭く逃げ場のない野沢名物のシュナイダーコースなどがあります。全体の4割が初心者向けの構成になっています。ファミリー専用ゲレンデに託児所もあり、お子様連れのファミリーにもおすすめ。スクールにはさまざまなレッスン内容とツアーがあり、大自然を案内してくれるツアーではゲレンデスキーとは違った楽しみを味わえます。アフタースキーには野沢温泉街へ。外湯と呼ばれる無料共同浴場が13カ所もあります。自分の好みの温泉を見つけてみては?

動画&レポート

動画&レポート

コース情報

コース数 リフト数
36 20
レベル別
コース割合
ボーダー・
スキーヤー割合
40% 30% 30%
初級 中級 上級
60% 40%
スキーヤー ボーダー

基本情報

スキー場名
のざわおんせんすきーじょう
野沢温泉スキー場
所在地
〒389-2502 長野県下高井郡野沢温泉村

所要時間
■東京より車で約3時間40分
■名古屋より車で約4時間
■大阪より車で約6時間10分
アクセス
■上信越道・豊田飯山ICより20km(約25分)
■北陸新幹線・飯山駅よりバス(約25分)
駐車場台数
1,549台
標高差
1085m
最長滑走距離
10,000m
最大斜度
39°
総面積
297ha
URL
公式サイト
天気
野沢温泉スキー場
仮眠所
なし
休憩所
長坂無料休憩所(長坂ゴンドラ長坂駅内)・リラックスルーム(レストハウス湯の峰2F)
更衣室
長坂ゴンドラ長坂駅内・長坂ゴンドラ山頂駅内・柄沢スキーセンター・日影インフォメーションセンター
入浴施設
なし
託児施設
キッズルーム「ゆ~みん」(日影インフォメーションセンター2F)
キッズパーク
ファミリー専用ゲレンデ(日影ゲレンデ)

パーク情報

ハーフパイプあり ヒップなし クウォーターパイプなし スパインなし テーブルトップなし ボックスあり ワンメイクあり レールあり キャニオンジャンプなし ウェーブあり
ハーフパイプ ヒップ
×
クウォーターパイプ スパイン
× ×
テーブルトップ ボックス
×
ワンメイク レール
キャニオンジャンプ ウェーブ
×

コース動画

野沢温泉スキー場のゲレンデマップ。

上級【スカイラインコース】

全長5000メートル・最大傾斜32度・平均傾斜25度・幅70メートル。野沢温泉きっての滑走距離を誇る上級者用の超ロングコース。標高差885メートルのテクニカルなコースだが、コブは少ないので中級者でも挑戦可能。ただし、途中で分岐するグランプリコース、ジャンピングコースは名うてのコブ斜面だ。

▼クリックすると動画が再生されます!※音量注意※▼

スキー場おすすめ情報

野沢温泉スキー場に行くプランを予約

スキー好きは必見!野沢温泉スキー場は日本スキー博物館がある

長野県にある野沢温泉スキー場は、100%天然雪のスキー場として有名です。
コース数がかなり多く、ほとんどのコースが初心者〜中級者向けとなっていて、どんな人でも楽しく滑れます。
ナイター営業の時間も長く、スキーやスノーボードを楽しむ多くの人から支持されています。
そんな野沢温泉スキー場には、日本スキー博物館があります。

■日本スキー博物館

スキーに関する博物館や資料をなかなか目にする機会は多くないでしょう。野沢温泉スキー場にある日本スキー博物館は国内唯一と言われるくらい、とても豊富な資料が収蔵されています。
日本スキー博物館という名前から、どうしても国内のスキー事情がわかるところなのかと想像するかもしれませんが、実は世界各地のスキーについての資料があります。
どのようにしてスキーが発祥したのか、どんな風に発展していったのか、ということがよくわかる貴重な資料が展示されています。
実際にスキーやスノーボードを滑って楽しむことも、とてもステキなことですが、日本スキー博物館に来館して歴史を知るというのも1つの楽しみ方です。
野沢温泉スキー場の日本スキー博物館は、とても大きな建物で、館内には6つのパートに分けられた資料が展示されています。
それぞれのパートでは、年代や時代によって変化している代表的なスキー用具や、当時のスキーヤーの写真もパネル年表として紹介されています。
スキーの歴史は深く、それぞれの年代によってスキー用具が変化していき、現代に向けて進化していることがわかります。
普段、何気なく楽しんでいるスキーについてより深く知れるのは、野沢温泉スキー場ならではの楽しみ方と言っても過言ではありません。

■特別展示室では臨時特別展が開催されることも

通常は基本的な資料が展示されていて、わかりやすくスキーの歴史について知れますが、時々特別展示室で臨時特別展が開催されることもあります。
その場合は、一般では見られないようなオリンピックのメダルや、メダルを獲得した選手たちがどのようなスキー用具を使用したのかなど、とても珍しいものが展示されています。 野沢温泉には、とても多くのオリンピアンがいて、1998年には長野オリンピクが開催されたため、オリンピックの資料は他の地域よりも多くあります。
スキー場として発展してきた歴史もあるので、日本スキー博物館では他には無いような目を引く資料がたくさんあり、特別展示店の時以外にでも、いろんな展示物があります。
日本スキー博物館は、入り口が2Fにあり、まずはスキーに関する展示を見ることができます。
1Fではオリンピックの歴史について展示されていて、アスリートの輝かしい笑顔を見るのはとても感動的です。

■野沢温泉スキー場の歴史も知ることができる!

野沢温泉スキー場の日本スキー博物館は、日本と世界のスキーの歴史がわかる資料や用具が展示されているだけではなく、野沢温泉スキー場の歴史も知ることができます。
常時展示されているわけではありませんが、定期的に行われる臨時特別展示展で野沢温泉スキー場の歴史について資料やリフト乗車券などを見ることが可能です。
野沢温泉スキー場で誕生した数多くのリフトの歩みやスキー場の変化、なども臨時特別展示展が行われた際には学べます。
こうした臨時特別展示展があると、ちょっと行ってみようかなという気持ちにもなりますし、普段展示していないものを見るという特別感も得られるので時間があれば立ち寄ってみてください。
日本スキー博物館は、スキーやスノーボードが好きな人であれば、見て損はない展示物ばかりです。ぜひ野沢温泉スキー場付近に行かれた際は、一度は訪れていただきたい施設です。

関連リンク